gem install でバージョン指定してインストールするには –version= オプションを付ける

 

gem install でバージョン指定してインストールするには –version= オプションを付ければOKです。
 

普通に gem install すると、最新版がインストールされます。
 

1
$ gem install rails

 

(2011年9月17日 時点では、Rails-3.1.0 が最新版です)
 

例えば、Rails-3.0.10 をインストールしたい場合は以下のようにします。
 

1
$ gem install rails --version=3.0.10

 

以上です。
 

【参考】

第1回: インストール – Ruby on Rails 3.0 日記 – Ruby on Rails with OIAX はてなブックマーク - 第1回: インストール - Ruby on Rails 3.0 日記 - Ruby on Rails with OIAX
 

[Facebook] 言語コード・国コード(locale)一覧表

 

Facebookの 言語コード・国コード(locale)の一覧表を見つけたのでメモ。
 

Locale Value
Afrikaans af_ZA
Albanian sq_AL
Arabic ar_AR
Armenian hy_AM
Aymara ay_BO
Azeri az_AZ
Basque eu_ES
Belarusian be_BY
Bengali bn_IN
Bosnian bs_BA
Bulgarian bg_BG
Catalan ca_ES
Cherokee ck_US
Croatian hr_HR
Czech cs_CZ
Danish da_DK
Dutch nl_NL
Dutch (Belgi?) nl_BE
English (Pirate) en_PI
English (UK) en_GB
English (Upside Down) en_UD
English (US) en_US
Esperanto eo_EO
Estonian et_EE
Faroese fo_FO
Filipino tl_PH
Finnish fi_FI
Finnish (test) fb_FI
French (Canada) fr_CA
French (France) fr_FR
Galician gl_ES
Georgian ka_GE
German de_DE
Greek el_GR
Guaran? gn_PY
Gujarati gu_IN
Hebrew he_IL
Hindi hi_IN
Hungarian hu_HU
Icelandic is_IS
Indonesian id_ID
Irish ga_IE
Italian it_IT
Japanese ja_JP
Javanese jv_ID
Kannada kn_IN
Kazakh kk_KZ
Khmer km_KH
Klingon tl_ST
Korean ko_KR
Kurdish ku_TR
Latin la_VA
Latvian lv_LV
Leet Speak fb_LT
Limburgish li_NL
Lithuanian lt_LT
Macedonian mk_MK
Malagasy mg_MG
Malay ms_MY
Malayalam ml_IN
Maltese mt_MT
Marathi mr_IN
Mongolian mn_MN
Nepali ne_NP
Northern S?mi se_NO
Norwegian (bokmal) nb_NO
Norwegian (nynorsk) nn_NO
Pashto ps_AF
Persian fa_IR
Polish pl_PL
Portuguese (Brazil) pt_BR
Portuguese (Portugal) pt_PT
Punjabi pa_IN
Quechua qu_PE
Romanian ro_RO
Romansh rm_CH
Russian ru_RU
Sanskrit sa_IN
Serbian sr_RS
Simplified Chinese (China) zh_CN
Slovak sk_SK
Slovenian sl_SI
Somali so_SO
Spanish es_LA
Spanish (Chile) es_CL
Spanish (Colombia) es_CO
Spanish (Mexico) es_MX
Spanish (Spain) es_ES
Spanish (Venezuela) es_VE
Swahili sw_KE
Swedish sv_SE
Syriac sy_SY
Tajik tg_TJ
Tamil ta_IN
Tatar tt_RU
Telugu te_IN
Thai th_TH
Traditional Chinese (Hong Kong) zh_HK
Traditional Chinese (Taiwan) zh_TW
Turkish tr_TR
Ukrainian uk_UA
Urdu ur_PK
Uzbek uz_UZ
Vietnamese vi_VN
Welsh cy_GB
Xhosa xh_ZA
Yiddish yi_DE
Zulu zu_ZA

 

・参考:Wing’s FAQ on Facebook Development – Where can I get the List of Locale that I can use for those locale parameters in Facebook API? はてなブックマーク - Wing's FAQ on Facebook Development - Where can I get the List of Locale that I can use for those locale parameters in Facebook API?
 

[Facebook] 新バグツール「Bugzilla」を公開

 

Facebookが開発者向けに、新バグツール「Bugzilla」を公開したようです。
 

Bugzilla Main Page はてなブックマーク - Bugzilla Main Page
 

・参考:A New Way to Report Bugs – Facebook開発者 はてなブックマーク - A New Way to Report Bugs - Facebook開発者
 

現在は、Bugレポートを読めるだけで、投稿することはできないみたいですが、すぐに実装されるとのことです。
 

[Mac] RVM で Ruby と Rails をインストール

Macに、RVM で Ruby の開発環境を整えたのでメモ。(最終更新日:2013/07/09)

RVM: Ruby Version Manager – RVM Ruby Version Manager – Documentation

github : wayneeseguin/rvm


RVM、Ruby、Rails をインストール

下記のコマンドで、RVM、Ruby、Railsを一括インストールしてくれます。

curl -L get.rvm.io | bash -s stable --autolibs=homebrew --rails --trace

また、–autolibs=homebrew を指定しているので、依存関係のあるライブラリを Homebrew でパッケージインストールしてくれます。

RVM: Ruby Version Manager – autolibs option


RVM の初期設定

rvm インストール後、コンソールを再起動するか、下記のコマンドで rvm を起動します。

source ~/.rvm/scripts/rvm

以上です。

[MySQL] クエリのログファイルが指定できないエラー/[ERROR] Could not use /var/log/myquery.log for logging (error 13)

 

MySQLの設定ファイル my.cnf にクエリのログファイルを出力する設定をしたら、エラーが発生して、MySQLの再起動に失敗しました。
 

解決方法を調べたのでメモ。
 

まず、my.cmf の中を以下のようにとしていたら、使えない(Could not use)というエラーが出ました。
 

1
2
[mysqld]
log=/var/log/myquery.log

 

以下、エラー内容です。
 

1
2
3
4
[root@localhost ~]# tail -f /var/log/mysqld.log 
110626 22:40:54 InnoDB: 1.1.7 started; log sequence number 1640974
/usr/libexec/mysqld: File '/var/log/myquery.log' not found (Errcode: 13)
110626 22:40:54 [ERROR] Could not use /var/log/myquery.log for logging (error 13). Turning logging off for the whole duration of the MySQL server process. To turn it on again: fix the cause, shutdown the MySQL server and restart it.

 

解決方法が書かれた記事があったので引用します。
 

1
2
[mysqld]
log

 

とりあえずこれで /var/lib/mysql/hostname.log に残るからいいけど釈然としないなぁ。
 

・引用元:クエリのログファイルが指定できない – デスま! はてなブックマーク - クエリのログファイルが指定できない - デスま!

 

MySQLのログファイルの種類についてはこちらに詳しく書かれていて、参考になりました。
 

ログのローテーション – MySQL Practice Wiki はてなブックマーク - ログのローテーション - MySQL Practice Wiki
 

以上です。
 

[MySQL] default-character-set で起動が失敗する

 

MySQL5.5.13 にて、default-character-set=utf8 を書いた後、起動できなくなりました。
 

原因は、MySQL5.5 からサーバ側の文字コードの表記が変わっていたのに、古い書き方をしていたせいでした。
 

1
2
3
4
# service mysqld restart
mysqld を停止中:                                           [  OK  ]
MySQL Daemon failed to start.
mysqld を起動中:                                           [失敗]

 

解決方法が書かれている記事があったので引用します。
 

新しい文字コードの設定は、character-set-server と書くようです。
 

私はmy.cnfに以下のように書いていたのが原因のようです。
 

1
2
3
4
[mysqld]
default-character-set=utf8
[mysql]
default-character-set=utf8

 

クライアントであるmysql側の設定は良いのですが、サーバー側はmysql5.5から表記が変わったようです。新しい書き方は
 

1
2
3
4
[mysqld]
character-set-server=utf8
[mysql]
default-character-set=utf8

 

となります。
 

・引用元:fedora15 mysql5.5 default-character-setが原因で起動できない – ITとともに生きよう はてなブックマーク - fedora15 mysql5.5 default-character-setが原因で起動できない - ITとともに生きよう

 

以上です。
  

[PHP] テスト環境 Lime の設定方法

PHPのテスト環境 Lime を使うための設定方法を調べたのでメモ。

lime.php をダウンロード

まず、Lime を使うためには lime.php をダウンロードする必要があります。

Limeというのは、PHPで単体テストを書くためのライブラリです。
ライブラリといってもただのクラスファイルで、lime.phpの1ファイルをインクルードするだけですぐ使えます。
「軽量・シンプル・かんたん」が好きなあなたにはぴったりです。

・引用元:[PHP]Lime.phpの最新バージョンをダウンロードする方法 – DQNEO起業日記 はてなブックマーク - [PHP]Lime.phpの最新バージョンをダウンロードする方法 - DQNEO起業日記

Limeの最新版をダウンロードしました。(最新版 ver 1.0.9: 2011/07/14 時点)

/tools/lime/tags/RELEASE_1_0_9/lib/lime.php – symfony – Trac はてなブックマーク - /tools/lime/tags/RELEASE_1_0_9/lib/lime.php - symfony - Trac

ダウンロードする場所がかなり分かりにくいのですが、ページ下部の

Download in other formats:
Plain Text | Original Format

からダウンロードできます。

また、過去のバージョンも以下のリンクから確認することができます。

/tools/lime/tags – symfony – Trac はてなブックマーク - /tools/lime/tags - symfony - Trac

テストユニット:Lime を使うときに参考になりそうな記事

その他、参考になりそうな記事。

■ 公式

LimeTestingFramework – symfony – Trac はてなブックマーク - LimeTestingFramework - symfony - Trac

Practical symfony | 8日目: ユニットテスト | symfony | Web PHP Framework はてなブックマーク - Practical symfony | 8日目: ユニットテスト | symfony | Web PHP Framework

A Gentle Introduction to symfony | 第15章 – ユニットテストと機能テスト | symfony | Web PHP Framework はてなブックマーク - A Gentle Introduction to symfony | 第15章 - ユニットテストと機能テスト | symfony | Web PHP Framework

■ ブログ記事

新しく採用されたテスティングフレームワークlimeの紹介 – lime without symfony part 1 « symfonyで開発日記 はてなブックマーク - 新しく採用されたテスティングフレームワークlimeの紹介 – lime without symfony part 1 « symfonyで開発日記

limeでなるべく気軽にユニットテストを書く – id:anatooのブログ はてなブックマーク - limeでなるべく気軽にユニットテストを書く - id:anatooのブログ

PHPでTest::MoreするならLimeを使おう – Lism.in * blog – nekoya (id:studio-m) はてなブックマーク - PHPでTest::MoreするならLimeを使おう - Lism.in * blog - nekoya (id:studio-m)

[PHP] limeでTDDを体験する – DQNEO起業日記 はてなブックマーク - [PHP] limeでTDDを体験する - DQNEO起業日記
 

以上です。
 

[MySQL] ユーザ削除は DELETE文ではなく DROP USER で行う

 

MySQLにて、既に存在しているユーザを削除して、同じユーザ名で再度、作成しようとしたらエラーが発生しました。
 

ユーザを削除する方法は下記のサイトを参考にしました。
 

MySQLのユーザ管理 はてなブックマーク - MySQLのユーザ管理
 

1
2
3
4
5
6
7
8
mysql> use mysql
Database changed
 
mysql> delete from user where user='bakorer';
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
 
mysql> create user 'bakorer' identified by 'passwd';
ERROR 1396 (HY000): Operation CREATE USER failed for 'bakorer'@'%'

 

下記の記事によると、ユーザ削除は drop user で行わなければいけないみたい。
 

MySQL 一度DELETEしたuserと同じ名前のuserを登録しようとすると失敗する – ガットポンポコ はてなブックマーク - MySQL 一度DELETEしたuserと同じ名前のuserを登録しようとすると失敗する - ガットポンポコ
 

drop user をした後、createしたら正常にユーザを作成できました。
 

1
2
3
4
5
mysql> drop user bakorer;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)
 
mysql> create user 'bakorer' identified by 'passwd';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

 

以上です。
 

[DotCloud] 独自ドメインを dotcloud alias add で割り当てる

 

dotcloudで独自ドメインを割り当てる方法を調べたのでメモ。
 

独自ドメインの割り当ては、dotcloud alias add というコマンドで出来ます。
 

1
$ dotcloud alias add [dotcloudのアプリケーション名] [ドメイン名]

 

1
2
3
# dotcloud alias add bakorer.www www.example.com
Ok. Now please add the following DNS record:
www.example.com. IN CNAME gateway.dotcloud.com.

 

割り当て後、お名前.comのドメイン設定から「レンタルDNSレコード設定」します。
 

1
www.example.com CNAME gateway.dotcloud.com

 

以上です。
 

【参考】

CentOS 5.5にdotcloudの開発環境を作る | らいふログ はてなブックマーク - CentOS 5.5にdotcloudの開発環境を作る | らいふログ

dotcloudで遊んでみた – antipop はてなブックマーク - dotcloudで遊んでみた - antipop
 

wget で SSL による接続が確立できないときは –no-check-certificate オプションを付ければOK

 

wget でhttps通信でデータをダウンロードしようとしたらエラーが出ました。
 

1
2
3
4
5
6
7
8
# wget https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz
--2011-06-18 21:59:33--  https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz
github.com をDNSに問いあわせています... 207.97.227.239
github.com|207.97.227.239|:443 に接続しています... 接続しました。
エラー: github.com の証明書(発行者: /C=US/O=DigiCert Inc/OU=www.digicert.com/CN=DigiCert High Assurance EV CA-1)の検証に失敗しました:
  発行者の権限を検証できませんでした。
github.com に安全の確認をしないで接続するには、`--no-check-certificate' を使ってください。
SSL による接続が確立できません。

 

エラーメッセージに出ているように、`–no-check-certificate’を付ければダウンロードできました。
 

1
# wget --no-check-certificate https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz

 

以上です。