PRD(製品要求仕様書)を常に最新の状態に保つ


PRD (Product Requirements Document : 製品要求仕様書) は常に最新の状態に更新し続けましょう、という話をご紹介します。

PRD Product Requirements Document 製品要求仕様書

PRD (Product Requirements Document : 製品要求仕様書) とは?

PRD の書き方については、本記事では触れませんので以下の記事を読んでください。

PRD はプロダクト開発の道標

PRD はプロジェクト開発における道標だと考えており、作成・共有して、それを最新状態に更新し続けることが大切だと考えてます。

私自身、PRD を書いたことは以下のようなフローで進めていました。 (前提条件: スタートアップ企業での経験です)

PRD 作成・運用フロー

  1. Googleドキュメントをまず作成して、すぐチームメンバーへ共有する
  2. 章立てだけして、書けるところから書いていく
  3. 何か変更があるたびに PRD を更新する
  4. 更新するたびにチーム内にアナウンスする

開発プロジェクトが進むにつれて、様々な変更は当然発生します。

そして、その変更についてのディスカッションや決定情報などは Slack, GitHub, ミーティングで口頭確認など様々な場所に散らばります。

私は、それをそのままにせず PRD へ反映させて、チームメンバーには常にそこだけ見てもらえば良い風にしていました。

以上、PRD を常に最新の状態に保ち、チームメンバーが開発を迷いなく開発できるようにしたい、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。