シークレットモード, プライベートブラウズは判定できない


Chrome のシークレットモード, Safari のプライベートブラウズなどは判定できないということをご紹介します。

前提知識 各ブラウザはシークレットモード, プライベートブラウズをサイト側が検知できないように対策する流れ

まず、前提知識として、各ブラウザ側の対応としてシークレットモード、プライベートブラウズをサイト側が判定できないように対策した流れが2019年にありました。

Chrome のシークレットモード検知の対策

Googleは、「Chrome」のシークレットモードを使ってウェブサイトを訪問した人を、ウェブサイト側が検知するのに利用できる手法を排除することを決めた。

引用元: 次期「Chrome」、サイトによるシークレットモード検知を回避へ – CNET Japan

Safari のプライベートブラウズ検知の対策

9月下旬にユーザーへの配信が始まったAppleのブラウザ、Safariの最新バージョンでは、プライベートブラウズモードをオンにしているユーザーがサイトを訪問しても、サイト側ではそれが検出できないようになっている。

引用元: Safari 新プライベートモード、メーター制課金を無効化に:頭悩ますパブリッシャーたち | DIGIDAY[日本版]

過去の知見

各ブラウザが対応して、現在は参考にならないけど 「昔はこうやってシークレットモード, プライベートブラウズを判定していたのか 👨‍🎓」 ということが分かる記事の一覧を掲載しておきます。

結論 JavaScript ではシークレットモード, プライベートブラウズは判定できない

各ブラウザが対策しているので JavaScript ではシークレットモード、プライベートブラウズは判定できないという認識でいましょう。

以上、JavaScript でシークレットモード、プライベートブラウズを判定したい、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。