Mixpanel 料金コスト削減案


Mixpanel の料金コスト削減案について考えてみたので、ご紹介します。

Mixpanel 料金コスト削減案

背景 Mixpanel 料金体系を理解して、コスト削減案を検討したい

Pricing – Mixpanel | Product Analytics

前提知識 2019年に MTU 課金体系へ変更

Mixpanel は2019年に イベントの総数と登録されているユーザのプロフィール数の課金から、Monthly Tracked User (MTU) の課金体系へ変更されています。

In 2019, we realized our pricing wasn’t good for our customers. Here’s what we did. – Mixpanel

よって、現在は Mixpanel 料金コスト削減のために、以下のような定期的なデータ削除をする必要はありません。

データを定期的に削除する
Cacoo のようなフリーミアム型のサービスの場合、登録したものの残念ながら使わなくなってしまうユーザが一定の割合で存在します。Mixpanel の課金はイベントの総数と登録されているユーザのプロフィール数に基づくので、離脱したユーザの情報を保持しつづけると利用しているプランの上限を超えてしまう事もありえます。Mixpanel の画面上でそういったユーザの検索は出来ますが、削除は一つずつ手動で行わないといけないため、件数が多くなると現実的ではなくなります。

引用元: エンジニア目線でみるグロースハックツール Mixpanel をのりこなす 6 つのポイント | 株式会社ヌーラボ(Nulab inc.)

Mixpanel 料金コストを抑えるためにできること

production 環境以外は Mixpanel のトラッキングを OFF にする

production 環境以外の staging, development では Mixpanel のトラッキングを OFF にすることで MTU を抑えることができるので、環境変数などで ON/OFF を切り替えられるように実装しておくと良いのではないかと考えてます。

以上、Mixpanel の料金体系を理解した上で、コスト削減をしていきたい、現場からお送りしました。