『一緒に働きたくない人』と働かなくてよくするためのアイデア


知人に相談されたので『一緒に働きたくない人』と働かなくてよくするためのアイデア出しをしてみました。

一緒に働きたくない人

退職を促す

自分が経営者、もしくは、人事権をもっている場合、自分の採用ミスだったと深く反省し、退職を促しましょう。

本人に伝える

本人に “一緒に働きたくないと思った点” をフィードバックして改善の余地があれば、直接伝えましょう。

これは自分の過去の経験の話ですが、直接フィードバックしてもほとんどの場合、改善されることはありません。

上司に伝える

信頼できそう、影響力のありそうな上司なら伝えてみるのも有りだと思います。

『一緒に働きたくない人』が無能 or 悪影響な場合

『一緒に働きたくない人』が個人的な感情以外の観点で、無能もしくは会社に悪影響をもたらしていることを説明することができたら、そのままクビにされることもあるでしょう。『一緒に働きたくない人』が会社から居なくなるので全て解決です。

部署異動をお願いする

『一緒に働きたくない人』の部署異動、もしくは、仕事の担当換えを上司にお願いしてみましょう。

転職する

最後に、どうしようもない場合、自分が会社を去りましょう。もしくは、諦めましょう。

以上、『一緒に働きたくない人』が居ないといいなと思う、現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。