カテゴリー : Linux

wget で SSL による接続が確立できないときは –no-check-certificate オプションを付ければOK

 

wget でhttps通信でデータをダウンロードしようとしたらエラーが出ました。
 

1
2
3
4
5
6
7
8
# wget https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz
--2011-06-18 21:59:33--  https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz
github.com をDNSに問いあわせています... 207.97.227.239
github.com|207.97.227.239|:443 に接続しています... 接続しました。
エラー: github.com の証明書(発行者: /C=US/O=DigiCert Inc/OU=www.digicert.com/CN=DigiCert High Assurance EV CA-1)の検証に失敗しました:
  発行者の権限を検証できませんでした。
github.com に安全の確認をしないで接続するには、`--no-check-certificate' を使ってください。
SSL による接続が確立できません。

 

エラーメッセージに出ているように、`–no-check-certificate’を付ければダウンロードできました。
 

1
# wget --no-check-certificate https://github.com/downloads/facebook/tornado/tornado-1.2.1.tar.gz

 

以上です。
 

[Linux] # yum -y install yum-fastestmirror で速いリポジトリを自動的に選択

CentOSのパッケージ管理システム yum をアップデートするときに、高速化する方法を調べたのでメモ。

まず、yumコマンドで yum-fastestmirror をインストールします。

# yum -y install yum-fastestmirror

次に、yum check-update で fastestmirror プラグインが正常に読み込まれているか確認します。

# yum check-update
Loading "fastestmirror" plugin
Determining fastest mirrors
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad..jp
* updates: ftp.iij.ad..jp

最後に、yumのアップデートが必要な場合は実行します。

# yum -y update

以上です。


参考情報

yumで速いリポジトリを自動的に選択するには - @IT

[Linux]# yum -y install yum-fastestmirrorでyum高速化 : うえちょこ@ぼろぐ

[Linux] ログイン時にコマンドやプログラムを自動実行させる方法

CentOS にログインした時にコマンドやプログラムを自動実行させる方法を調べたのでご紹介します。

Linux

続きを読む