[Git] fatal: unable to access: SSL certificate problem: Invalid certificate chain の解決方法


git コマンドで fatal: unable to access: ‘https://…’: SSL certificate problem: Invalid certificate chain のようなエラーが発生したときの解決方法をご紹介します。

Git

Git repository をホスティングしているサーバーで SSL 自己証明書を使っていたりすると、git コマンドで SSL certificate problem: Invalid certificate chain エラーが発生して、git clone などができません。

$ git clone https://invalid-ssl.example.com/sample.git
Cloning into 'sample'...
fatal: unable to access 'https://invalid-ssl.example.com/sample.git/': SSL certificate problem: Invalid certificate chain

SSL certificate problem: Invalid certificate chain エラーの解決方法は、以下のように http.sslVerify の設定をオフにすればよいです。しかし、セキュアではなくなるので、正しい解決方法は SSL 証明書を設定することですね。

# http.sslVerify を false にして、
$ git config --global http.sslVerify false
 
# git clone したら、
$ git clone https://invalid-ssl.example.com/sample.git
 
# http.sslVerify を true に戻す。
$ git config --global http.sslVerify true

以上、SSL certificate problem: Invalid certificate chain エラーが発生しても、取り急ぎ git clone したい現場からお送りしました。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。