[MongoDB] E11000 duplicate key error index の code 11000 と 11001 の違い

Pocket

MongoDB version 2.4.5 で unique index による duplicate key error index エラー発生時の error code には 11000 と 11001 があるのですが、その違いについて調べてみました。

事前準備

> db.version()
2.4.5
 
> db.so.drop();
> db.so.insert( { foo: 5 } );
> db.so.ensureIndex( { foo: 1 }, { unique: true } );
> db.so.insert( { foo: 6 } );

新規追加系メソッド insert のケース

db.collection.insert() で duplicate key error index エラーが発生したときは 11000 のエラーコードを返します。

> db.so.insert( { foo: 5 } );
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11000,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}

更新系メソッド update / save のケース

db.collection.update()db.collection.save() などの更新系のメソッドで duplicate key error index エラーが発生したときは 11001 のエラーコードを返します。

このときに紛らわしいのは、エラーメッセージ E11000 duplicate key error index に含まれているエラーコードが 11000 ということです。

> db.so.update( { foo: 6 }, { $set: { foo: 5 } } );
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11001,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}
> var so6 = db.so.findOne( { foo: 6 } )
> so6.foo = 5
5
 
> db.so.save( so6 )
E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }
 
> db.getPrevError();
{
	"err" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1  dup key: { : 5.0 }",
	"code" : 11001,
	"n" : 0,
	"nPrev" : 1,
	"ok" : 1
}

まとめ

MongoDB version 2.4.5 では、エラーメッセージは E11000 duplicate key error index と同じだけど、エラーコードは 11000 と 11001 の2種類があるバグっぽい処理になっていました。

このため、プログラム上で duplicate key error を処理したいときは if(err.code === 11000 || err.code === 11001) みたいな感じで扱うといいかもしれません。

なお MongoDB version 3.0.2 で試してみたところエラーコードは 11000 に統一されているようでした。

なので、err.code === 11001 だけのコードは MongoBD を upgrade したタイミングで動かなくなってしまうので注意が必要そうです。

> db.version()
3.0.2
 
> db.so.insert( { foo: 5 } );
WriteResult({
	"nInserted" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})
 
> db.so.update( { foo: 6 }, { $set: { foo: 5 } } );
WriteResult({
	"nMatched" : 0,
	"nUpserted" : 0,
	"nModified" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})
 
> var so6 = db.so.findOne( { foo: 6 } )
> so6.foo = 5
5
> db.so.save( so6 )
WriteResult({
	"nMatched" : 0,
	"nUpserted" : 0,
	"nModified" : 0,
	"writeError" : {
		"code" : 11000,
		"errmsg" : "E11000 duplicate key error index: test.so.$foo_1 dup key: { : 5.0 }"
	}
})

以上です。

参考情報

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。