カテゴリー : Ruby on Rails

[Ruby on Rails] ActionDispatch::Cookies::CookieOverflow error

Ruby on Rails で flash に大量の文字列を詰め込むと ActionDispatch::Cookies::CookieOverflow error が発生しました。

Raised when storing more than 4K of session data.

ActionDispatch::Cookies::CookieOverflow

解決方法は、セッションを Cookie ではなく ActiveRecord や Redis などで置き換えることです。

Ruby on Rails ActionDispatch::Cookies::CookieOverflow error – WILT

[Ruby on Rails][Haml] text mail 内で改行するにはバックスラッシュを使う

Ruby on Rails + Haml で、text mail 内で改行するには、バックスラッシュを使います。

Dear
= @user.name,
\
Your username is
= @user.username
\
\
\
\
Your status is
= @user.status

[参考]:HAML: Line breaks in text mail

[Ruby on Rails] Action Mailer でのメール送信処理

Ruby on Rails の Action Mailer でのメール送信処理をする方法をメモ。

主にこのへんを読む。

Action Mailer Basics — Ruby on Rails Guides

Rails 3 の Action Mailerまとめ – おもしろWEBサービス開発日記

ActionMailer Railsアプリからメールを送信 – 酒と泪とRubyとRailsと

Action Mailer

Gmail で送信する設定方法

config/environments/production.rb に下記のような感じで設定する。

MyApp::Application.configure do
  # Mailer
  config.action_mailer.raise_delivery_errors = true
  config.action_mailer.delivery_method = :smtp
 
  config.action_mailer.smtp_settings = {
    address: "smtp.gmail.com",
    port: 587,
    domain: 'example.com',
    user_name: "gmail_user",
    password: "gmail_pass",
    authentication: 'plain',
    enable_starttls_auto: true,
  }
end

[参考]

Rails 3.0 でメールの送信に Gmail を使う – LazyLoadLife

railsでgmailをメールクライアントとして設定する | simpleplay's Log

[Ruby on Rails] ActionMailer views で helper メソッドを使う方法

Ruby on Rails の ActionMailer views で helper メソッドを使う方法をメモ。

例えば、app/views/contact_mailer/inquiry.text.haml で ApplicationHelper に定義したメソッドを使いたい場合は、下記のように add_template_helper メソッドを使います。

class ContactMailer < ActionMailer::Base
  add_template_helper(ApplicationHelper)
 
  def inquiry(contact)
  end
end

[参考]:ruby on rails – How to use my view helpers in my ActionMailer views? – Stack Overflow

[Ruby on Rails] RSpec でのファイルアップロードの方法

Ruby on Rails + RSpec でのファイルアップロードするためのメソッドをメモ。

fixture_file_upload
Rack::Test::UploadedFile.new
ActionController::TestUploadedFile.new
ActionDispatch::Http::UploadedFile.new

[参考]:ruby – How do I test a file upload in rails? – Stack Overflow はてなブックマーク - ruby - How do I test a file upload in rails? - Stack Overflow

[Ruby on Rails] Boolean型の presence validation

Ruby on Rails で、Boolean型の presence validation は false が invalid になってしまう。

なので、

validates :possible, presence: true

presence を指定するのではなく、

validates :possible, inclusion: {in: [true, false]}

というように inclusion で true, false の2値のみに限定してあげれば良い。

[参考]:validation – Rails: how do I validate that something is a boolean? – Stack Overflow はてなブックマーク - validation - Rails: how do I validate that something is a boolean? - Stack Overflow

[Ruby on Rails] 日付・時刻のバリデーションなら「ValidatesTimeliness」

Ruby on Rails で、日付・時刻のバリデーションをするなら ValidatesTimeliness という gem がおすすめです。

ActiveRecord だけでなく Mongoid でも使えるみたい。

adzap/validates_timeliness · GitHub はてなブックマーク - adzap/validates_timeliness · GitHub

validates_timeliness gem をインストール後、日本語のエラーメッセージを最低限、設定します。

# config/locales/model.ja.yml
ja:
  activerecord:
    errors:
      messages:
        invalid_date: は正しい形式で入力してください。
        invalid_time: は正しい形式で入力してください。
        invalid_datetime: は正しい形式で入力してください。

基本的な設定はこれだけで、あとはモデルに validates_datetime とかでバリデーションを設定できます。

# app/models/article.rb
class Article < ActiveRecord::Base
  validates_datetime :published_at
  validates_date :published_date
  validates_time :published_time
end

日付や時刻のバリデーションフォーマットがデフォルトのものだけでは、足りない場合は、独自定義したフォーマットを追加することもできます。

Plugin Parser を config.use_plugin_parser = true でONにして、config.parser.add_formats で追加するだけです。

# config/initializers/validates_timeliness.rb
ValidatesTimeliness.setup do |config|
 
  config.use_plugin_parser = true
  config.parser.add_formats(:time, "%H:%M")
 
end

上記は、Time に「01:23」みたいなフォーマットも許可する設定です。

もっと詳しい情報はWikiを見てください。

Plugin Parser · adzap/validates_timeliness Wiki はてなブックマーク - Plugin Parser · adzap/validates_timeliness Wiki

ValidatesTimeliness は、Date/time parser に timeliness を使ってるので、デフォルトのフォーマットは timeliness のページから確認できます。

timeliness/README.rdoc at master · adzap/timeliness · GitHub はてなブックマーク - timeliness/README.rdoc at master · adzap/timeliness · GitHub

ValidatesTimeliness 便利ですね。

日付や時刻のフォーマットって普遍だと思うので、Railsにデフォルトで搭載されていても良さそうなのに何でないんでしょうね?

[Ruby on Rails] view で現在のコントロール名、アクション名を取得する方法

Ruby on Rails で、view で現在のコントロール名、アクション名を取得する方法をメモ。

controller.controller_name
controller.action_name

[参考]:Railsのviewで現在のコントロール名、アクション名を参照する方法 #Rails – Qiita はてなブックマーク - Railsのviewで現在のコントロール名、アクション名を参照する方法 #Rails - Qiita

[Ruby on Rails] validates numericality で nil はチェックしない方法

Ruby on Rails で、validates numericality で nil の場合、チェックしないようにするには allow_nil: true を指定すればOKです。

class Article < ActiveRecord::Base
  validates :page_view, numericality: true, allow_nil: true
end

allow_nil: true を指定しない場合は、未入力でも「xxx は数字で入力してください。」というバリデーションエラーになってしまいます。

・[参考]:validation – custom error message for valid numericality of in rails – Stack Overflow はてなブックマーク - validation - custom error message for valid numericality of in rails - Stack Overflow

[Ruby on Rails] .build や build_xxx について

Ruby on Rails の .build や build_xxx についてメモ。

build メソッドはググれば見つかるけど、「build_xxx って何だ?」と思って調べてみました。

build_xxx は has_one でアソシエーションが定義されている場合に使える構文らしく、

tag = @article.tag.build

と書くのを、

tag = @article.build_tag

という風に書くこともできるみたいです。

ちなみに build は、親モデルに対する外部参照キーを自動でセットしてくれる点が new メソッドと違って便利!

詳しくはこの辺を読む。

build (ActiveRecord::Relation) – APIdock はてなブックマーク - build (ActiveRecord::Relation) - APIdock

Ruby on Rails 備忘録 – Ride On Rails » Blog Archive » ActiveRecord の new と build の違い はてなブックマーク - Ruby on Rails 備忘録 – Ride On Rails » Blog Archive » ActiveRecord の new と build の違い