[RVM] .rvmrc から .ruby-version と .ruby-gemset に移行すべき

Pocket

RVM で .rvmrc ファイルで Ruby のバージョンと gemset を切り替えていたのですが、今だとWarningメッセージが表示されるんですね。

You are using '.rvmrc', it requires trusting, it is slower and it is not compatible with other ruby managers,
you can switch to '.ruby-version' using 'rvm rvmrc to [.]ruby-version'
or ignore this warnings with 'rvm rvmrc warning ignore /Users/bakorer/git/myapp/.rvmrc',
'.rvmrc' will continue to be the default project file in RVM 1 and RVM 2,
to ignore the warning for all files run 'rvm rvmrc warning ignore all.rvmrcs'.
 
Using /Users/bakorer/.rvm/gems/ruby-2.0.0-p247 with gemset myapp

どうやら、これからはRubyのバージョン管理システム(rvm, rbenv, rbfu)で設定ファイルを統一する動きがあったそうで、下記のように .ruby-version と .ruby-gemset に分割しておいた方がよさそうです。

.rvmrc ファイル

rvm use ruby-2.0.0-p247@mygemset

↓ .rvmrc を2ファイルに分割します。

.ruby-version ファイル

ruby-2.0.0-p247

.ruby-gemset ファイル

mygemset

もちろん、従来の .rvmrc ファイルも使えるので、その場合、警告を無視するには下記のコマンドを実行すればOKです。

rvm rvmrc warning ignore all.rvmrcs

参考情報

Use rvmrc or ruby-version file to set a project gemset with RVM? – Stack Overflow

.rvmrcから.ruby-gemsetと.ruby-versionに移行 – Qiita [キータ]

Rubyバージョン管理界にも統一球導入?

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。