タグ : Ubuntu

Ubuntu 16 に Java 8 をインストールする方法

Ubuntu 16.04.1 x64 に Java 1.8.0_121 をインストールしたので、手順をご紹介します。

以下のコマンドを実行すれば Java のインストールまで完了できます。

sudo apt-get -y install software-properties-common
sudo add-apt-repository -y ppa:webupd8team/java
sudo apt-get update
sudo apt-get -y install oracle-java8-installer

Java のバージョンを確認して、インストールされたことを確認して完了です。

java -version
java version "1.8.0_121"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_121-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)

ちなみに、今回 Ubuntu に Java をインストールした目的は serposcope を設置するためです。

参考情報

[Ubuntu] 端末(terminal : ターミナル)の起動方法 [11.10]

Ubuntu 11.10 にて、端末(terminal : ターミナル)を起動する方法を調べたのでメモ。

方法1. 左上Ubuntuロゴをクリック>「それ以外のソフト」をクリック>「すべてのアプリケーション」となっている箇所を「アクセサリ」に変更>「インストール済みアプリ」に無ければ、「さらに〇〇個の結果を見る」をクリック>「端末」をクリック。

方法2. 左側ランチャーの虫眼鏡「+」マークを右クリック>「アクセサリ」をクリック>あとは方法1と同じ。

方法3. 「CTRL」+「ALT」+「T」を押す。

・引用元:Ubuntu日本語フォーラム / 最新のubuntu11.04のターミナル

GUIがガラっと変わるとターミナルの起動1つでも戸惑いますよね。

以上です。