カテゴリー : MongoDB

[MongoDB] 改行文字を含む field の値をGoogle スプレッドシートでインポートできる形式で出力する

MongoDB で、改行文字を含む field の値を Google スプレッドシートでインポートできる形式で出力する方法をメモ。

区切り文字には , (カンマ)を使い、改行文字を含むフィールドを ” (ダブルクオーテーション) で囲みます。

下記の例だと、 detail フィールドが改行文字を含みます。

db.products.find( { detail : regExp } ).forEach(function(p){
  print(p._id.valueOf() + ',"' + p.detail + '"');
});

あとは、スクリプトを実行して、実行結果をファイルに出力して、

mongo --quiet mydb script.js > example.csv

Google スプレッドシートにて、「区切り文字:自動的に検出する」で問題なくインポートできるはずです。

google-spreadsheet-import

以上です。

[MongoDB] クエリ結果を標準出力させてファイルに保存する方法

MongoDB で、クエリ結果を標準出力させてファイルに保存するコマンドをメモ。

mongo --quiet dbname ./export_users.js > users.tsv

–quiet オプションを付けると、バージョン表示などの余計な情報が出力されなくなります。

ちなみに、export_users.js は下記のような mongo script です。

var users = db.users.find();
 
users.forEach(function(user) {
  if (user) {
    print(user._id + '\t' + user.name + '\t' + user.email);
  }
});

以上です。

[MongoDB] Port を変えて2台起動する方法 (Mac / Homebrew)

MongoDB を Port を変えて2台起動する手順 on Mac with Homebrew をメモ。

MongoDBをHomebrewでインストールする方法はこちら

mongodb の設定(1台目:ベース)

% cat /usr/local/etc/mongod.conf 
# Store data in /usr/local/var/mongodb instead of the default /data/db
dbpath = /usr/local/var/mongodb
 
# Append logs to /usr/local/var/log/mongodb/mongo.log
logpath = /usr/local/var/log/mongodb/mongo.log
logappend = true
 
# Only accept local connections
bind_ip = 127.0.0.1

デフォルトは 27017 port で起動しているので、2台目は 27018 port で起動させるように設定していきます。

% mkdir /usr/local/var/mongodb_27018
% cp /usr/local/etc/mongod.conf /usr/local/etc/mongod_27018.conf

mongod_27018.conf を下記のような感じに編集します。

※ dbpath, logpath を編集して、port がデフォルトだと 27017 で重複するので 27018 に変更してます。

% cat /usr/local/etc/mongod_27018.conf
# Store data in /usr/local/var/mongodb instead of the default /data/db
dbpath = /usr/local/var/mongodb_27018
 
# Append logs to /usr/local/var/log/mongodb/mongo.log
logpath = /usr/local/var/log/mongodb/mongo_27018.log
logappend = true
 
# Only accept local connections
bind_ip = 127.0.0.1
 
# Default port: 27017
port = 27018

mongod を起動します。

% mongod run --config /usr/local/etc/mongod_27018.conf &

mongod が別portで2台起動していることを確認します。

% lsof -i | grep mongod
mongod      365 bakorer    9u  IPv4 0xd006e2ded5999795      0t0  TCP localhost:28017 (LISTEN)
mongod      365 bakorer   10u  IPv4 0xd006e2deda2a3f7d      0t0  TCP localhost:27017 (LISTEN)
mongod    61419 bakorer    9u  IPv4 0xd006e2dee3ff4795      0t0  TCP localhost:28018 (LISTEN)
mongod    61419 bakorer   10u  IPv4 0xd006e2dee39db795      0t0  TCP localhost:27018 (LISTEN)

以上です。

[MongoDB] 配列フィールドの要素の存在チェック

mongodb で、配列のフィールドに要素が存在するかチェックする条件をメモ。

db.users.find({'friends.0': {$exists: true}})

たまに書くと、「あれ?どう書くんだっけ?」ってなるのですよね。


参考情報

In MongoDB, how do I find documents where array size is greater than 1? – Stack Overflow

[MongoDB] JavaScript で日付 Date のフォーマット(format)

MongoDB で、日付 Date を JavaScript で整形するスニペットをご紹介します。

var formatDate = function(date) {
  var y = date.getFullYear();
  var m = date.getMonth() + 1;
  var d = date.getDate();
  var hour = date.getHours();
  var minute = date.getMinutes();
  var second = date.getSeconds();
 
  m = ('0' + m).slice(-2);
  d = ('0' + d).slice(-2);
 
  // フォーマット整形済みの文字列を戻り値にする
  return y + '/' + m + '/' + d + ' ' + hour + ':' + minute + ':' + second;
};
 
var user = db.users.findOne({ _id : ObjectId("5077882d249549a413000279") });
 
var formated_created_at = formatDate(user.created_at);
 
print(formated_created_at);
 
// 出力結果の例
// 2012/05/15 2:38:51

もっと良い方法があったら教えて下さい。

参考情報

JavaScript で日付のフォーマットを整形する – tacamy memo